1人目子育て真っ最中のママが気になる情報をまとめてお届け★

ママに届ける子育て情報

ハンドメイド

手ぬぐいでの帽子の作り方 型紙から作る子供用ハット

投稿日:

100均で売っている手ぬぐいは可愛い柄のものがたくさんあり、夏の暑い時期にぴったりの生地ですよね。

今回は、そんな手ぬぐいを使った2~3歳用(50~52cm)サイズの子供用帽子の作り方を紹介します♪



スポンサーリンク



手ぬぐい帽子(ハット)の材料

・100均の手ぬぐい 横35cm×縦95cm

・裏地用の生地 今回は綿ブロードを使いました

・バイアステープ 今回は生地を挟んで縫うだけのバイアステープを使いました

・チャコペン
・裁断用ハサミ
・まち針
・糸と針またはミシン
・アイロン
・画用紙とペン(型紙用)


手ぬぐい帽子(ハット)の作り方

型紙づくり

まずは、型紙を3種類作っていきます。

1、帽子のトップ部分



画用紙に縦7.5cm×横6.5cmの長方形を書きます。

長方形の対角線のところを通って円の4分の1を書いていくのですが、その時の頂点は角から2.5cmのところを通るようにします。

さらに4分の1の円を書いて半円にして円の外側1cmのところに縫い代分も書き込んでおきます。



2、帽子の側面の部分



画用紙に縦9.5cm×横13.5cmの長方形を書きます。

長方形の右端は下から8cm書き込み、上が1.5cm余るようにしてこちら側は輪っかのマークを入れておきます。

左端は、左上の角から2cm内側から左端のラインで8cmになるところに斜めに線を書きます。

左右に書いたラインを緩やかなカーブで繋げていくのですが、この時どこの高さを測っても8cmになるようにします。

そして、周りに1cmの縫い代分も書いておきます。



3、つばの部分



縦9cm×横12cmの長方形を書きます。

左端は下から5.5㎝書き込み、上が3.5㎝余るようにします。

右端は、右上の角から4cm内側から、右端のラインで5.5cmになるところに斜めに線を書きます。

そして、右上の角から7.5㎝(左上の角から4.5㎝)のところから下に2.5㎝のところを通って緩やかなカーブを作りながら上のラインを書いていきます。

下のラインは、上のラインからどこを測っても5.5㎝の高さになるように書いていき、周りに1cmの縫い代分も書いていきます。



4、型紙を切る



1cmの縫い代分を書いたラインで型紙を切っていきます。

※帽子のトップ部分の円の真ん中の部分や、側面の輪っかのマークを書いた部分は縫い代分は取らないので気を付けてくださいね。


生地の裁断

手ぬぐいや裏地の裏面にチャコペンで型を書いていきます。

※手ぬぐいに柄がある場合は、柄のことも考えながら型を取っていくといいでしょう。



帽子のトップ部分は、半円を書き型紙をひっくり返して円になるように書きます。



ツバの部分は、12枚分書きます。



側面の部分は、型を書いたら輪っかのマークを中心に型紙をひっくり返してもう半分の型を書いていき、これを2枚作ります。



裏地用の生地には縫い代を省いた帽子のサイズになる線も書き込んでおきたいので、型紙の1cm分の縫い代をカットして、裏地用の生地に1cm内側に型紙に沿って線を書いておきます。



生地を裁断するとこんな感じです。



手ぬぐいはこんな感じです。


帽子を縫っていく

1、帽子のトップと側面の手ぬぐいの裏に裏地を重ねていきます。



2、それぞれ帽子のサイズのラインの外側をジグザグ縫いしていきます。

※この時に生地が薄いのでクシャっとしてしまいやすいのでアイロンを当てて伸ばしますが、アイロンを使う回数をできる限り減らしたいので一旦ここで置いておきます。



3、つばの部分の手ぬぐいの裏に裏地を重ねていきます。



4、生地を中表(表に来る生地同士を内側)にして重ねて片方の端を帽子のサイズのラインで縫っていきます。



表から見るとこんな感じになるので、



もう一つ同じようにつなげて、



3枚で1枚になるようにしてそれを4セット作ります。



※手ぬぐいに柄がある場合は、バランスを見ながら配置を考えるといいでしょう。



5、作った4セットを2枚づつそれぞれ中表(表に来る生地同士を内側)にして重ねて、両端を帽子のラインで縫っていきます。



このような円が2枚できました。

スポンサーリンク




6、最初に縫った帽子のトップと側面にアイロンを当てて生地を伸ばします。



7、ツバの部分の縫ったところがくっついた状態なので、



アイロンを当てて縫い代を割っていきます。



8、帽子のトップと側面の余分な生地をカットしていきます。



9、帽子の側面の生地を中表(表に来る生地同士を内側)にして重ねて、2枚の帽子のラインをしっかり合わせてまち針でとめて両端を帽子のラインで縫っていきます。



このような筒状になります。



10、帽子トップの上下左右の中心と、側面の中心上下にチャコペンで印をつけます。



11、帽子のトップと側面の生地を中表(表に来る生地同士を内側)にして重ねていきますが、先ほど付けた上下左右の印のところを合わせてまち針でとめてから、ほかの部分もまち針でとめていきます。



※この時も帽子のラインを揃えるようにしていってくださいね。



12、生地がクシャっとなったりしないように気を付けながら縫っていき帽子の被る部分を作っていきます。



13、ひっくり返すとかぶる部分の完成です。



14、帽子のつばの部分の外側を帽子のラインが上下の生地でずれないようにまち針でとめます。



15、帽子のラインで1周縫っていきます。



16、縫えたら、縫ったところまで切ってしまわないように気を付けながら周りに1周切込みを入れていきます。



17、生地を裏返してアイロンをかけて抑えます。



18、端ミシンをかけて生地を抑えます。



19、内側を端から0.5㎝のところを1周ミシンをかけます。



20、縫ったところまで切ってしまわないように気を付けながら内側にも切込みを1周入れます。



21、帽子の側面の部分を縫い合わせたところ同士を合わせて折ると真ん中になるところに2か所印をつけます。



22、先ほど付けたしるしと帽子のつばの縫い合わせた部分を合わせてまち針でとめて、端から1cmのところを縫っていきます。


バイアステープで仕上げ

23、縫った部分にバイアステープを挟んでいきます。



最後はギリギリではなく少し重ねるので1cmほど長めにカットします。



最後の部分を重ねてまち針で固定します。



24、バイアステープの部分を縫っていきます。



25、縫えたら完成です!


まとめ

今回は100均の手ぬぐいを使った子供用帽子の作り方を紹介しました。

手ぬぐいの生地は涼しげで夏にぴったり!

ぜひ可愛い手ぬぐいで作ってあげてくださいね★

スポンサーリンク

-ハンドメイド
-

Copyright© ママに届ける子育て情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.