1人目子育て真っ最中のママが気になる情報をまとめてお届け★

ママに届ける子育て情報

家事の悩み

洗濯物の部屋干しはどこに干す?風呂場とリビングのメリットデメリット

投稿日:

洗濯物は天気のいい日に干したいと思っても梅雨の時期に入り雨の日が続くとなかなかそうはいかないですよね

どうしても部屋干しをしないといけない場合どこに干せばいいか迷いますよね

リビングに干せば場所を取られてしまうし、お風呂場に干せば湿気が気になるし…

そこで、洗濯物を部屋干しする時にお風呂場とリビングそれぞれに干す時のメリット・デメリットをまとめてみたのでぜひ参考にしてくださいね♪



 関連する記事はこちら 

ミョウバン水で衣類の消臭!消臭スプレーや粉石鹸を併用した洗濯方法で臭いを撃退



スポンサーリンク



洗濯物の部屋干しはどこに干す?

洗濯物を部屋干しする時の候補としてはリビング・お風呂場・寝室・使ってない空き部屋が上がるのではないでしょうか?

寝室や使ってない空き部屋で部屋干しする場合は人の動きがないので空気の流れもなく部屋の広さも狭いとすぐに湿度が上がってしまうので洗濯物は乾きにくくなってしまいます

暖房器具などを使えるのであれば別ですが、洗濯物の為に暖房器具を付けておくのももったいない気がするし火事など心配事もありますよね

どこに干すのが正解かは正直家の間取りや広さなどによって変わってきます

ですが、大体の家では比較的空間が広く風の流れを作りやすいリビングや逆に空間が狭いけど空気を循環する事ができるお風呂場が洗濯物を乾かすのにおすすめの場所になります

そんな風呂場とリビングで干す時のメリット・デメリットをまとめていくのでご自身の家に合う方で干していってください


洗濯物の部屋干しを風呂場にするメリット・デメリット

お風呂場は排水溝からくる湿気によって家の中で一番湿気の多い場所なのでそこに洗濯物を干したら余計蒸れないか心配になりますよね

ですが、お風呂場は換気扇で「湿気を強制排出させる仕組み」があります

また、狭い空間で扇風機を回せば効率的に空気を循環させる事ができるので広い部屋で扇風機を使うよりも効率よく乾かす事ができます


お風呂場を使って干す場合のやり方

まず、浴室の壁や床・浴槽などはタオルなどで極力水気を拭き取っておきます

スポンサーリンク


その後以下のいずれかの方法で洗濯物を干していきます

1,浴室乾燥機があれば使用しながら洗濯物を干す

2,浴室のドアを5cm弱程開けた状態で換気扇を回しながら浴室内でサーキュレーター(もしくは扇風機)を使って干す

3,浴室内でサーキュレーター(もしくは扇風機)を回しながら除湿機を使って窓や扉を閉めきって干す


洗濯物を風呂場で干すメリット

・換気扇や浴室乾燥機があれば短時間で乾かす事ができる

・サーキュレーターと除湿機があれば短時間で乾かす事ができる

・来客時に洗濯物を見られたりする心配がない


洗濯物を風呂場で干すデメリット

・空間が狭いので大量の洗濯物を干すのは厳しい

・入浴時に洗濯物を移動させないといけないので、家族の入浴時間がバラバラだと面倒


洗濯物の部屋干しをリビングにするメリット・デメリット

リビングに干す場合はキッチンの換気扇を付けて窓や扉などを開けて空気の入り口を確保すると部屋の空気が流れるので洗濯物が乾きやすくなります


リビングを使って干す場合のやり方

キッチンの換気扇を回してどこか窓や扉を開けて空気の入り口も確保します

※除湿機を使う場合は逆に換気扇をきり窓や扉を閉めきると効果的です

梅雨の時期は窓際に洗濯物を干すと湿気があり乾きにくいので換気扇と開けた窓(扉)で作った空気の通り道に干す

洗濯物には扇風機(もしくはサーキュレーター)で風を当てます

また見栄えは良くないですが、新聞紙があればクシュクシュと丸めて洗濯物の下に転がしておくと湿気を吸ってくれるので乾きやすくなります


洗濯物をリビングで干すメリット

・湿度が高い梅雨の時期でも人気のあるリビングは温度が上がり、扇風機などで風を当ててあげると乾きやすくなる

・来客がなければ移動する必要はなく1日放ったらかしにしておける


洗濯物をリビングで干すデメリット

・部屋があまり広くないと洗濯物に場所を取られる

・来客時は移動したり隠したりする必要がある


まとめ

洗濯物の部屋干しはどこで干すか考えた時に参考になれば嬉しいです

風呂場もリビングもそれぞれいい点・悪い点がありますので自分にしっくり来る方法を試してみてくださいね

スポンサーリンク

-家事の悩み
-

Copyright© ママに届ける子育て情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.