1人目子育て真っ最中のママが気になる情報をまとめてお届け★

ママに届ける子育て情報

美容

30代40代アラフォー世代のアンチエイジングには女性ホルモンがカギ

更新日:

30代40代のアラフォーになると肌の悩みや
体の不調などいろいろ気になる事が出てきますよね…

それもそのはず!
実は女性ホルモンの量は30代で
一気に減っていってしまうんです

女性ホルモンの量が減ってしまうと
どうしても肌のハリが失われて
たるみやほうれい線などが出てきて
老けてみられることも…(>_<)

できれば年齢を重ねても
若々しく綺麗でいたいですよね?



今回は

・女性ホルモンの量が減るとどうなるの?
・女性ホルモンをコントロールする方法

などをまとめてご紹介します



化粧ノリが悪くなる原因や対策も紹介してますので
こちらの記事も参考にしてみてください
化粧ノリが悪すぎる!そんな時は内と外からアプローチするAGEST


女性ホルモンの量が減るとどうなるの?

女性ホルモンには
「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類あり
一生の間に分泌されるのは
ティースプーン1杯程ととても少量です



エストロゲンはコラーゲンや水分量を
増やす働きがあるので
肌の弾力や若さを保つ「美のホルモン」といわれ

一方、プロゲステロンは妊娠を維持する働きがあり
「母のホルモン」と言われています



美のホルモンであるエストロゲンを分泌してるのは
卵巣ですが30代後半になると卵巣機能が衰えてきて
エストロゲンの分泌量が減っていくため
肌トラブルが生じやすくなってしまいます

残念ながら女性ホルモンの量を増やす事はできません

20代後半から30代前半にピークを迎え
30代後半からは減少を続けるのみです



女性ホルモンの減少を止める事も
増やす事もできないとお伝えしましたが
女性ホルモンをコントロールしたり
女性ホルモンを補う事はできます!

この後女性ホルモンをコントロールする方法を
お伝えしていきますね♪


女性ホルモンをコントロールする方法

・バランスの良い食事
偏った食生活だと女性ホルモンにも良くありません
タンパク質やビタミン、良質な油など
バランス良く食べるように心がけましょう

「まごわやさしい」の7品目を取り入れる事で
栄養バランスの良い食事ができあがります

スポンサーリンク


「まごわやさしい」は
まめ、ごま、わかめ、やさい、しいたけ、いも
それぞれの頭文字を取って覚えやすくしたものです



・良質な睡眠
食事は寝る2時間前に済ませ
寝る前のスマホやパソコンは控えて
睡眠の質を上げるように心がけましょう

また、できるだけ日付が変わる前に寝るようにして
7時間は寝れるように睡眠時間を確保しましょう



・体を動かす
血行と代謝を良くすることは女性ホルモンにも
良い影響を与えることができます

デスクワークをしているとどうしても血行と代謝が
悪くなりがちなのでこまめに席を立ったり
背伸びをして体を動かしましょう

ヨガやストレッチなどは深呼吸をしながら
ゆっくり体を動かせるので効果的です



・ドーパミンを分泌させる
ドーパミンが分泌されると
女性ホルモンが活性化します

ドキドキしたりワクワクすると
ドーパミンは大量に分泌されるので

美味しい物を食べたり旅行に行ったり
新しいことを始めたりと
ドキドキワクワクする事を取り入れましょう



・ストレスを溜め込まない
ストレスは女性ホルモンに対しても
肌に対しても大敵です!

ストレスを溜め込まないように
自分なりのストレス解消法を持っておきましょう


アラフォー世代のアンチエイジングは女性ホルモンがカギ!

女性の肌にとって女性ホルモンが大事という事ですが
女性ホルモンを増やそうと思って
サプリメントで摂りすぎると
逆にホルモンバランスが乱れてしまう事も…

また、エストロゲンが過剰になると
乳がんや子宮体がんのリスクを高めてしまうので
プロゲステロンとのバランスを良くすることが大切!



女性ホルモンをコントロールする方法を
色々お伝えしましたが全てきちんとやろうと思うと
逆にストレスになってしまいます

できるところから始めて1日2日上手くいかなくても
1週間単位で自分なりに調整してバランスを取って
女性ホルモンと上手く付き合っていってくださいね





スポンサーリンク

-美容

Copyright© ママに届ける子育て情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.